スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セレブ経済、コミヤコウ流
Sat.26.08.2006 Posted in γ
0 comments 0 trackbacks
今日はエゲツナイけど、カネの話からしようと思う。

今、盛んに、政治家が(所得)格差の話をしてるじゃないか。
それが次の総理大臣選びまで影響しちゃうような。


はっきりいって冷めるわけよ、オレ。

格差、なんて縮まるわけないジャン。
勉強不足だよ、ソレ。


もしキミがIT業界にいて、マァ、オレの知り合いだからIT業界関係が多いと思ってそう書いてるんだけど、もしもオレと同じように気持ちが冷めなかったら、キミは勉強不足だ。もっとガンバレ。

IT業界ってスバラシイ、って度々言ってるの、マジなのですよ。
本当、勉強になる。


「所得」格差の広がりは、インターネットの「リンク」の広がりと同じ構造。
所得格差は、自律的ネットワークと同じような分布の仕方を見せているに過ぎないわけでしょ。
規制の緩和が進んで、個人間の「所得」の差は、自律的に成長しちゃえる状態にあるってことだね。

*


インターネットの「リンク」の広がり(分布)について一応書くと、まず「不平等」だということ。
つまり、少数の金持ちが大半の所得を占めている状態。

あるサイトを思い浮かべるじゃん。
そのサイトは、皆から見られる価値を持っている。
だから、多くの他のサイトからリンクを貼られている。Yahoo!なんかがそう。

サイトとサイトを、ネットワークが繋いでいる。
言ってみれば、ネットワークという線を、サイトという点が繋いでいる。
こういう、繋ぎ目にあたる「点」をノードという。

ネットワーク上にあるノードが持っているリンク数について考えると、当然、Yahoo!みたいな誰もが知っているサイトには皆リンクを張りたがるから、結果的にYahoo!というノードは、超ウルトラスーパー級のリンク数を持っていることになる。

一方で、リンクなんか貼られない、無数のノードがインターネットには存在している。
この、「リンク数」がまさしく、所得の「格差」の構造と同じってわけだ。

*


これはベキ法則と呼ばれていて、グラフにするとちょうど反比例のグラフみたいになる。

つまり、超ウルトラリンク金持ち父さんと、スローライフ、スロー収入のスロー父さんに分かれるわけだ。
日本人の年収は平均500万ちょっと下回るくらいだったと思うけど、それはその額の収入を得ている人が日本で多いことを物語っているわけではない。

むしろ、その辺はいないんだよ。理屈から言えば。

それはまさしく、格差社会だっていうわけだ。
格差社会になるなんて、ネットワークを学んでいる人達は、もう3年以上も前に知っていたんだ。

*


それだけじゃなくてさ、WEB2.0について学ぶなんてことはさ、最新の経済学を学んでるってことだよ。

素晴らしいぜ!

http://internet.watch.impress.co.jp/static/column/web20/2006/03/06/
WEB2.0のことは、↑がわかりやすいよ。


メルマガで情報起業する人が、ちょっと前に一杯いたけど、アレで成功するモデルというのは、まさしくスケールフリーのロングテール利用型ビジネス(ロングテールとは、先の例で言うと「リンクなんか貼られない無数のノード」のこと。言葉がわからない人は参考のリンク先を見てね)。amazonばかりがロングテールの成功事例のように言われているけど、周りにも充分成功者はいるな。気付いたか、そうでないか。

今日のタイトル、早速ずれてきたな。
IT業界と経済予測、みたいな、?

*


さて、じゃあオレはどうするのか。フフ。
オレも自分の仕事のドメインやビジネスモデルを設計するときに、グローバリゼーションという名の下に、自律ネットワーク型社会の荒波に、勝負を挑んでいくのか?!


お、今日のタイトルに戻すんだね、オレ!
ベキ法則とか、スケールフリーとか、WEB2.0とか、ブログに書いてるとチカれるから、いい加減にまとめて今日のブログは終わらすのかと思ったよ(笑)


言っちゃうんだね?(←自分突っ込み)

*


オレが考えている、利用できそうな作戦は2つあるよ。

ひとつはもちろん、ロングテールを生かしていくこと。ロングテールはさ、「労力かけちゃいけない」よな。

もうひとつは、経済評論家の内橋克人が唱えている「共生経済」をヒントにしたビジネスモデルを構築していくことだ。
この辺、オレの嫌いな政○に利用されてたりもするので、誤解を与えたくないからとぼけるけど、要はオレは「鎖国」すればイイと思うわけよ。(チカれてきたから説明が一言で終わってる!)


今日はココまでにしちゃおう(笑)



自分の足で立とうとしてる人、興味あったらこの先一緒に考えようぜ。



勝つためにさ。


(参考になるサイト)
「新しい地域発展論-ベキ法則下での地域の生き方」
http://www.can.or.jp/archives/articles/20030527-01/index.html


(参考になる本)
新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く 新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く
アルバート・ラズロ・バラバシ (2002/12/26)
NHK出版

この商品の詳細を見る


「共生経済」が始まる―競争原理を超えて 「共生経済」が始まる―競争原理を超えて
内橋 克人 (2005/01)
日本放送出版協会

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

« 恋愛のサイエンスに悩む | Home | シンクロニシティの意識的活用に向けて »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。