スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳が体を支配する?
Sat.01.07.2006 Posted in γ
0 comments 0 trackbacks
東大大学院の池谷裕二先生の「プレジデント」への寄稿、響いたねー。

*

われわれの体は脳によって支配されていると思われがちだが、実は体が脳を支配している、というもの。そこをよく理解して、意識と行動をコントロールしていこう、というもの。

*

リベットと言う学者が行った有名な実験によると、好きなときにボタンを押してください。と言われて好きなときにボタンを押すのは一見自由行動のように見えるが、実は脳波を調べると、まず手の運動プログラムが動き始め、それから最長で1秒ほどたって、ようやく「押したい」という意志が生まれていた!という。

ちなみにその0.3秒後に、脳からの指令が働き、そこから0.2秒後に実際の指が動く仕組みになっている。この前者の0.3秒、つまり意志と指令の間の時間が行動の猶予時間であってここで「ボタンを押さない」という意志を否定する選択ができるようになっている。

この0.3秒で、人間はいろんな衝動を抑えるのである。

*

この後もおもしろい話が続くんだよ。

*

こういうの偶然手にすると「意識と行動の専門家」になりたいって気持ちがムクムク湧いてくる。

僕が重視するのは、とにかくサイエンス。言葉にも情動にも宇宙にもこころにも、みんなサイエンスが欠けているから。

こういうの考えてるの楽しい。






スポンサーサイト

« 大江健三郎 「新しい文学のために」 | Home |

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。