スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふたつをつなぐもの
Wed.27.09.2006 Posted in γ
0 comments 0 trackbacks

瞑想の本を読んでて、ちょっと手を止めた。


腕や足は自分の意識で動かすことができる。
でも、心臓や胃などの内臓は意識して動かすことはできない。

しかし、その中にあって、呼吸筋というのは非常に特殊なコントロールが可能で、無意識と意識の動きが両方存在する。

我々はみな、自分で作り上げた自我の意識というものを持っている。
その意識の外側に、心臓の鼓動とか胃や腸の動きとか、免疫系の動きとかがある。

それを含めて自我だと捉える人生のレベルを「ケンタウロス」という。
今の自分の状態は「自我が体をコントロールしている」という風に信じているが、それはまったくのウソなのである。

ケンタウロスというのはギリシャ神話に出てくる、上半身が人間で下半身が馬の姿をした架空の動物。
心と体が一体になった状態を架空の動物に例えてケンタウロスというのだ。

そこまでいくと、心と体の違いがなくなってくると言われている。
(宇宙の話、宇宙では物質とエネルギーを同様に扱う、って話を思い出すだろ?)

逆にケンタウロスに達していない人は、ちょうど騎手が馬を操るように、心が体をコントロールしようとしているのだ。


まさに呼吸というのは、「意識」と「無意識」のふたつの世界を繋いでいる。


*

頭にぽろぽろ浮かびだす。メタファーオタクゆえに。笑


*

前意識 (ぜんいしき,ドイツ語:Vorbewusste) は、フロイトの精神分析に由来する深層心理学の概念で、通常は意識に昇らないが、努力すれば意識化できる記憶などが貯蔵されていると考えられる無意識の領域である。

無意識の領域に存在すると考えられる記憶や感情、構造は、通常、意識に昇ることはない。
それ故にこそ、それらの記憶や構造は、「無意識である(気づいていない,unconscious)」と言われる。

しかし、確かに知っていると思えるが、具体的にどういうことであったのか思い出せない記憶とか、知識などは存在する。
思い出そうとする努力を通じて、そのような記憶や知識が意識に甦り、思い出されるという経験も多数ある。

あるいは、まったく忘れ去っていた、またはそんな経験などしたこともないと思っていたことが、思いがけない何かのきっかけで記憶に甦り、思い出すと言うようなこともしばしばある。

無意識(Unbewusste)の領域にあったと考えられるが、何らかの努力や契機において意識に昇るような記憶や知識、感情等は、「意識の領域」と「無意識の領域」の両方の領域に存在することになる。そこで、このような「心の領域」の特定部分を、「前意識の領域」と称し、略して、前意識(Vorbewusste)と呼ぶ。
(Wikipedia)


*

「呼吸」

「前意識」

それらが、ふたつの世界を繋ぐものならば。
意識と無意識を繋ぐものが、「呼吸」であり「前意識」であるならば。

同じように、見えるものと見えないもの、両方を見ることが「半眼」であるならば。
(※仏像の目は半分は外(の世界)を見、そして半分は自己を見つめる、あるいは目には見えないものを見る。)

「ある」ものと「ない」ものを繋ぐものが、(色即是空における)「空」の概念ならば。

できることとできないことを繋ぐものが「メタファー」や「アナロジー」の駆使ならば。


それらを繋ぐものがある。

それを「わかり」「感じる」ことができれば、とオレは思っている。


*

繋ぐものがない世界は。

例えば、「測れる物」への執着は、繋ぐものがない社会観をつくりあげている。

経営者の多くの致命的な失敗は、測れないものは管理できない、測れるものによって管理するのだ、という誤解による。



オレは同じような罠に落ちていまいか。


*

ふたつの異なるものを繋ぐにはどうしたらいいか。

弁証法では、正反合という概念がある。
正(ある命題=テーゼ)と、反(それを否定する命題=アンチテーゼ)を綜合(シンセサス)することでより高い次元の真実に至る(止揚[しよう])展開をいう。


(この3週間にオレは何回「止揚」という文字を打っただろう!)


そうだ。繋ぐものが大事なのだ。


*

関係は物質より本質的である。

そして、本質的な存在は、「個」であり「全体」である。

*

たとえばアメリカの社会学者(哲学者でもあった)ミードは次のように述べている。

「もしもコミュニケーションが完全におこなわれ、とことんまで遂行されたら、個人が、その人の遺伝という可能性の枠内でできるかぎり高度に発達でき、さらには自分が影響を及ぼしている他人たちの態度にまで参入できる。

そこではすべての人が共同体内に自分が呼びおこしたことを知っている反応を自分自身のなかにいだくだろう。
こうしてコミュニケーションは、意味深長な意味でその共同体における組織化過程になっていく。
それは単なる抽象的シンボルの移動過程ではない。
それはいつでも、他人たちのなかに呼びおこすのと同一の行動傾向をその人自身のなかに呼びおこす、社会的行動としての身振りである。」

*

ならばインターネットはどうか。
個であり、全体ではないか。

量子はどうか。
素粒子を100個の穴をあけた壁の向こうから素粒子を飛ばすと、すべての穴を通ってこちらへ来る。
素粒子は「ひとつ」であり、「たくさん」である。

地球はどうか。
個であり、全体か。

宇宙はどうか。
個であり、全体か。

心はどうか。
個であり、全体になれるだろうか。


*

頭がいかれちまった、今日は。


↓天外さんはソニーで執行役上席常務を務めた。AIBOを企画開発した人。
宇宙の根っこにつながる瞑想法 宇宙の根っこにつながる瞑想法
天外 伺朗 (2005/03)
飛鳥新社

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

« モデルを捨てる日 | Home | 胸をはる秘密! »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。