スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
揺らす人、揺らされる人
Sun.19.11.2006 Posted in γ
4 comments 0 trackbacks
パナソニックセンターにある RiSuPia に、こんな展示物がある。

小学校の校庭にある鉄棒のような工作物に、紐で5,6個のボールがぶら下がっている。紐の長さは長いものと短いものがある。

↓こんな感じ。
furiko


この、ぶら下っているボールをひとつつまんで揺らす。ブランコのように。
そうすると、同じ長さでぶら下っているボールのみが同じように揺れだす。
長さの違うボールは揺れない。

これを「共振」という。


*

あまりきちんとした知識に基づいてないので書くのをまだためらうのだが、この共振の実験器具がひとつの現実的な我々の”自律モデル”のような気がしている。

自分で意識的に揺れるという行為ができる反面、他者の揺れに対して共振するように、人間はできているのではないか。


*

我々が意識的に”気”を出すことはできるとして、それ以外にも、つまりそれは呼吸を意識的に行う他に無意識にも行うことができるように、無意識に気を出したり、気を受けたりしていると考える。

”気”や”波動”や”オーラ”というものを(オレが持っている知見では今んところ区 別がつかないので一緒に扱う)通じて、人は相互干渉しながら生きている。

それどころか、おそらく人間が認知する、環境情報(この場合の環境というのは人間を取り巻く外部情報のすべて)とも相互に干渉し合うと考える。

直接的に接触することで、触覚のような刺激として脳に伝わるものもあるし、認知、という意味では視覚情報として入ってくる光の波としての情報、また耳などの器官を通じて入ってくる音の波としての聴覚情報、鼻などの器官を通じて入ってくる嗅覚情報なども、つまりは神経の、電気の”波”として干渉してくるわけで、ここにも無意識に揺らされる共振のモデルがあるように勝手に考える。


*

Sofia の西田社長が、人から出ている波動を感じる、と表現されていたのを思いだす。
波動を感じられる人は、干渉を受けやすい人でもあるだろう、と今ふと思った。

霊感、みたいなほうに話を振りたくはないが、そんなことよく聞くし。
朱に交われば、、、とか。

前に書いた、シンクロニシティ、とかにも考えが及ぶ。


*

共振を起こされる側にいるほうは、良い波からも悪い波からも干渉を受けることになる 。(実際には良い悪いなんてないと思うが)
そして恐らく”干渉”は、いくつもの独立した層で働いていて、それらが平行、競合の 関係にあると思われる。いくつもの層の干渉の結果として、折り合いがついた形の波動を纏って(まとって)いると思われる。


*

物理的な世界のイメージならば、10ピコメートルの電子の振る舞いが頭に浮かぶ。( もしかしたら、もっと100万倍程度微細な0.1フェルミ単位の話なのかもしれない 。)常に動き回る電子の核の内外に動き回る”反応”の結果なのかな、とか。

ああ、物理、勉強しておけばよかった。

まったく話がずれるけど、オレは文系に進んだことをたまに後悔する。
あの時には、自分の学ぶ対象の科目から国語がなくなるなんて想像できなかったから、単純に数学を捨てた。よく考えたら、文系でも数学受験はできたんだし。。。
今、基礎学問として学びたいのは、国語、数学、物理だよな。

オレが、後生大切にするであろう、繋げる、という概念も、いずれは物理的に説明がつくだろうな。


*

こんなことを、つい考えてしまったのは、ここのところの世の中の現象として、公共機 関の、例えば鉄道のダイヤの乱れがあちこちで同時発生して怒り心頭したり、同じようなことで逮捕される人が相次いでシラケたり、いじめが連鎖的に発生して涙がでたりし たからだ。

そしてそんなことはキッカケに過ぎなくて、以前から自分のフィールドで、同じような志を持っている人はいずれ知り合うのだな、と感じていたことがむしろ本線だ。



自分という球が自律的に揺れていれば、同じ長さでぶら下っている球が揺れだす。

まわりで揺れている球が、同じ長さでぶら下っている球ならば、自分も揺れだす。


*

従前のキャリア形成モデルは、それこそ”揺らす人”と”揺らされる 人”のニ元論によって成立していた。いや、今も成立している。

若い人はまだまだ揺らされる時期を過ごすだろうし、人を無理やり揺らす経験もするだろう。


オレには人を揺らすチカラはないな。

それにオレは自律的に生きる道を選んだから、つまり、自律的に揺れる道を選んだから 、それはつまり、まわりに意図的に、強引に揺らされる人をつくらないということ。


でも、ひとりでやっていけるとも毛頭思っていない。


共振できる、しかも良い揺れをもたらす、共振チームをオレは求めているんだな。

オレが自律的に揺れていれば、すべては自然にもたらされるんだろう。

それこそ自律分散型チームなんだろう。

ね!
スポンサーサイト

« そしていつかまた手放す | Home | モデルを捨てる日 »

comments

ねー

そうだよね。

そこで、へー、といって終わる人と、そーでしょう、だからこれでいいのだ!という人と分かれるわけよ。

フフ

脳科学者の茂木健一郎さんは、スピリチュアリストの江原さんとの対談で、江原さんの言うオーラと脳科学でいうクオリア(質感)を同じ感覚で捉えていました。

などなどなど、気や波動やオーラに対して、科学的に証明される日がちらちら見えてきていますね。

うひひひ

そーでしょう、そーでしょう
あな楽し

脳が受け取る信号

新皮質が処理する信号って視覚だろうが聴覚だろうが触覚だろうが全て信号パターンとしては同じみたいですね。しかも新皮質のどの部分が視覚を処理して・・とかっていうのも元から決まっているわけじゃなくて後天的とか。新皮質で処理されるいわゆる人間の五感が全て空間の波、時間の波による信号で共振が行われてるってあながちウソじゃなさそうだし、いずれ脳科学として解明されるかも!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。